荻野吟子の生涯《紙芝居》